脂漏性角化症が消せる|綺麗になって人生を謳歌しよう

テニス肘になったときは

上腕骨外側上顆炎とは

医者と患者

神戸にはスポーツクラブが多数存在しています。そのため、最近ではシニア層の人々もテニスやゴルフその他のスポーツで健康づくりを楽しんでいます。その一方で、こうした人々に増えているのがテニス肘やゴルフ肘といったスポーツに由来する症状です。テニス肘やゴルフ肘は、医学的には上腕骨外側上顆炎という病気です。こうした症状が出たときは、神戸の整形外科に相談しましょう。上腕骨外側上顆炎になると、じっとしているときには何ともありませんが雑巾を絞るときなどに鋭い痛みが走ることがあります。また、何気なく物を持ち上げるときに痛みが出ることもあります。そのままにしておくと症状を悪化させてしまうことも多いので、早めに神戸の整形外科で治療してもらうことが大切です。

診断法と治療法

神戸の整形外科は上腕骨外側上顆炎に対して豊富な症例数を持っています。そのため、整形外科医は特に面倒な精密検査をしなくてもこの病気の診断を行うことができます。具体的には、患者が自分の腕を伸ばしたままにして整形外科医の手を押してみたり、指を伸ばしてみたり、椅子などを持ち上げてみたりします。そうしたときに鋭い痛みを感じれば、上腕骨外側上顆炎であることがわかるのです。上腕骨外側上顆炎であると診断された場合でも、いきなり手術などが必要になることはあまりありません。神戸の整形外科ではまず効果的なストレッチ法を患者に指導してくれるので、それを行います。さらに注射による治療や、専用のバンドを使って肘に無理な力がかからないように固定するといった治療が行われます。