脂漏性角化症が消せる|綺麗になって人生を謳歌しよう

発生率が低い消化器官がん

人間ドッグで早期発見

ナース

十二指腸がんは消化器官系のがんの中でも、一番発生しにくいため、普段は忘れ去られていることが多いようです。ただ、ある日突然末期の十二指腸がんが見つかった・・・なんて事態に陥らないよう、定期的に人間ドッグを受けて早期発見を目指しましょう。実は、十二指腸がんは末期段階を迎えると症状を改善するのが、少し難しくなってしまう病気です。早い段階で見つかれば手術で腫瘍を取り除き、元の生活に戻ることは難しくありません。けれどがんのステージが進み、腫瘍が重症化してしまうと、手術で切除できる可能性が低くなってしまいます。どんな病気でも早く見つかるのが理想的ですが、十二指腸がんは特に早期発見が望ましい病気なので人間ドッグを積極的に受けるよう家族で話し合いましょう。

セカンドオピニオンも大切

十二指腸がんになってしまった時、たまたま受診した病院が消化器官系のがんの治療実績が十分にあるとは限りません。十二指腸がんは消化器官のがんの中でも症例数が少ないため、実際に治療した経験がある医師はそう多くありません。そのため、十二指腸がんを宣告された患者さんの間ではセカンドオピニオンを行っている人が多いです。医師側もセカンドオピニオンに対して積極的なので、遠慮することなくこのサービスを活用しましょう。普通の病院では手術は厳しいと判断されるケースでも、十二指腸がんの最新治療法を把握し、熟練した医師なら手術を決行して貰える確率が上がります。十二指腸がんの治療が得意な先生に診て貰えることで、患者さんも家族も精神的に安心できますよね。